道祖神祭り
長野県無形民族文化財指定

小諸市御影  毎年1月7日

道祖神祭り  小諸市の御影(みかげ)地区で毎年1月7日に行われるこのお祭りは、五穀豊穣と無病息災を願って江戸時代から行われています。

 また、このお祭りは県の無形民族文化財に指定されています。

 

 御影地区の上宿と下宿のそれぞれから出た高さ約6mの山車は、子ども達が乗りみかんやお菓子を投げながら通りを練ります。 道祖神祭り
 

 地区の中央で出会ったそれぞれの山車は、何度となく激しくぶつかり合います。以前はどちらかの山車が壊れるまでぶつけ合ったそうです。 道祖神祭り
 

道祖神祭り
 

お問い合せ先 : 小諸市御影道祖神世話人会長(御影公民館長)
 (電話:0267−23−2671)
 
 
自然・文化・伝統TOPへ