毎年3月31日と4月1日の2日間、月遅れの桃の節句を祝う、中野ひな市が開かれます。土人形は、店舗で販売をしていないので、このとき開かれる展示即売会には全国からファンが集まり前日から長蛇の列ができるほどの人気です。北信濃の春の風物詩でもある中野のひな市。この時は、街に大灯籠びなや、土びな山車が繰り出して、中野の街は賑やかな春の活気にあふれます。


あっという間に売り切れてしまうほどの人気を博す中野ひな市


中野ひな市では、大灯籠びなや土びな山車が町を練り歩きます