諏訪地方のひな祭り

初代藩主夫人貞松院の「這子、犬張子」

下記写真

8代藩主夫人清昌院の内裏雛と七人雅楽

諏訪には江戸時代の高島藩士の家に伝えられた雛人形が残っております。



初代藩主夫人貞松院の持ち物「這子、犬張子」

白絹で幼児を形作り身のケガレを祓う。

犬張子(犬筥)を置く。



ひな祭りのはじまり
 3月3日に雛を祭るようになった元は、中国の3月のケガレ祓いの風習に、 日本固有の人形を用いたケガレ祓いの行事が結び付いたからといわれます。

 人形の祓いとは、これで身を撫で川に流しケガレをはらう風習で、奈良時代から始まりました。 「ひな」はこの人形から分かれ、貴族社会の中で変化し、しだいにケガレ祓いの意味が薄れ、精巧で美しい、 愛玩・鑑賞の対象となったものです。

 雛遊びは女の子が中心だったため、ひな祭りは女の子の節句となり、江戸幕府が3月3日を五節句の一つとしたので、 ひな祭りが確立しました。

 工芸品として華やかに飾られるようになると、臣下が天皇と皇后、将軍とその夫人に雛を献上するために、 男雛・女雛の別ができたといいます。

 また貴族の有職雛だけでなく、庶民の好みに合うように江戸中期から後期にかけて変化した享保雛、次郎左衛門雛、 古今雛などが雛市で売られ、雛道具には家具の化粧道具など女の子の嫁入り調度品も含まれ、段飾りされるようにもなりました。

 派手になるばかりの雛人形に対して幕府が禁制を加えることもたびたびでした。


諏訪のおひなさま

紹介のページ

 清昌院雛人形 
 次郎左衛門雛 
 享保雛 
 古今雛 
 押絵雛 
 かまど雛 
 雛道具 


この情報は諏訪市博物館の提供です。
今年は御柱の準備の為、残念ながらお雛様は展示されておりませんが、 来年はここで紹介されたお雛様を展示する予定でおります。
一度足をお運び下さい。

地図はこちらから
〒392−0015 長野県諏訪市中州171−2
TEL:0266−52−7080
FAX:0266−52−6990


自然・文化・伝統TOPへ