龍渓硯の歴史



 今から170年ほど前、高遠藩では、財政財政困難を立て直そうと色々な施策を実施した中で 産物会所が創設されました。

 その頃、この上島村の百姓が鍋倉沢で砥石を掘って作間稼ぎをしておりましたが、砥石になる石は 少なく、掘れば掘るほど黒い石ばかりでありました。たまたま当時横川の一ノ瀬に寺子屋の師匠をしていた渕井椿斉がこの黒い石に目をつけ硯を作って使用してみますと、墨のおりがとても良かったので 村人達に硯作りを進めました。

 こうして鍋倉沢の砥石が硯石へと変わっていきました。。

 これに注目した高遠藩は、御留山としてすべての硯石を産物会所へ取り入れ、硯作りの先進である 甲州から職人を招いて技術を指導させました。買い上げた硯は大名などへの贈り物とされ民間へ流伝 することなく、一時は秘硯といわれた時代もありましたが、その後江戸や大阪など領外へ「高遠硯」あるいは「鍋倉硯」として販売されるようになりました。

 しかし明治時代になってから鉛筆・ペン・万年筆などの普及により、硯の使用が少なくなり次第に衰えましたが、大正が過ぎ昭和になり硯が見直され需要が増し、今村や渡戸では再び硯屋さんのいる村となりました。

 昭和10年、当時の長野県知事「大村清一」氏によって「龍渓石」と命名され、この石で作った硯を「龍渓硯」と呼んでいます。

 なお「龍渓」の名前の由来につきましては、天竜川水系で産出する石ということで「龍」の一字を冠したのですが「渓」につきましては、天竜川水系の横川川の渓流、あるいは渓谷美の素晴らしさから「渓」をつけたという説と、中国広東省の古来有名な硯石の産地端渓で硯が製作され、広く世界で愛用されていることに因んで「渓」の一字を頂いて命名されたという説があります。





今回は、辰野町川島渡戸の硯房「清泉堂」「3代目秀石さん」を取材してみました。

協力は龍渓硯振興会事務局「清泉堂」によるものです。

 製造工程  作品紹介


  龍渓硯振興会事務局:お問い合わせ・ご連絡先一覧表

龍渓石の世界


長野県伝統的工芸品に戻る