1. 玉切り
原木を所要の長さに、玉切りする。
2.ミカン割り
なたでミカン割りする。
3. へぎ
木目にそって、
へぎ包丁で所定の厚さに、柾目に割り剥がす。
  (2〜3mm)      
         
       
         
  5. 削り
せん・鉋・つきあてを用い、材の巾・両面を、木目にそって削りとる。
削る   4.乾燥
桟積みし、天然乾燥する。
         
       
         
  漬ける 6. 熱湯浸漬
熱湯の入った湯釜に漬け、軟化させる。
   
         
       
         
  7. 曲げ
側板二枚を、同時にほたを用い、曲げ加工する。
曲げる ほた
 
         
       
         
8.乾燥
一旦成型された材は、はさみとくちで止め、天然乾燥する。
9. 接着
成型された側板の両端に接着剤を添付、はさみを用い圧締接着する。
         
       
         
11.ふた底入れ
せんで小判形に削り、ひきずりでへりをつけふた・底板に、接着添付し、取り付ける。
10.綴じり
木さしで穴をあけ、桜皮を用いて綴じる。

桜皮
         
       
         
  12.仕上げ
丸鉋で、上下縁回りを面取り仕上げる。
13.塗仕上げ
用途によって漆塗するものもあります。
 
         
    完成
   
      ※ 現在では、一部機械化されています。