日本の滝百選の地

上信国境にそびえる根子岳、四阿山をそれぞれ源流とし、四阿火山によってできた板状、柱状節理の断崖を落下する、不動滝(落差85m)、権現滝(落差75m)の二条の滝は、米子大瀑布(よなこだいばくふ)と称され、深山幽谷に迫力ある水音を轟かせ、その景観はまさにドラマチックです。
上信越高原国立公園に抱かれ、四季折々の自然の美しさは、多くの人に感動を与え「日本の滝百選」にも選ばれた名瀑の近くには、米子不動尊がまつられており、不動滝は修験者の「みそぎの場」として古くから知られ、夏には数多くの行者の姿が見られます。
渓谷の散策には遊歩道が整備され、対岸から眺める瀑布は絶景です。

(左 権現滝・右 不動滝)

 

 

自然・文化・伝統TOPへ