すばらしい切れ味、四百五十年の伝統を今に
・・・長年月の使用に耐える強靱さ・・・
 この地に打刃物の技術がもたらされたのは、遠く戦国時代、武田信玄・上杉謙信の頃のこと。今からおよそ450年前、この地を往来した刀匠が武具刀剣類の修理をし、郷人がこれによって鍛冶を習得したのが始まりと言われています。
 戦国時代、刀匠のもたらした技術は、磨きぬかれて、使いこむほどに愛着がわく打刃物を造りだしました。
 地鉄に極軟鋼、刃鋼に純度の高い炭素鋼を使った適度な硬さとねばりのある強靱さ。また刃巾は広く、美しい仕上げで永切れします。特に鎌は草の根元からきれいに刈れ、刈り取った草は手元に寄ってくる工夫がされていて、全国各地に
「信州鎌」の名で知られるようになりました。
 昭和57年
通産大臣指定伝統的工芸品「信州打刃物」の指定を受け、信濃町の重要な産業として益々発展が期待されています。

資料提供:信州打刃物工業協同組合事務局


自然・文化・伝統TOPへ