伊那路の名水

猿倉の泉/紹介 場所: 飯田市の中心から約3kmの大平街道で南木曾へ抜ける道中

昔 茶に適した水を求めて不蔵庵竜渓宗匠が天竜川下流の水のうまさ
に心を引かれその源を訪ねて天竜川をさかのぼること約三十里(120km)。
 遂に飯田の名山風越山麓の南を流れて天竜に注ぐ松川の渓谷に入り
さらにその支流をわけ入り 名水"さるくらの泉"を探しあてたという。
近時にこの水を求めて来峡する茶人も多く各地の各流宗匠が相次いで
風流を楽しんでいる。

昭和60年1月環境庁の名水百選に選定されました。

名水さるくら

4月から11月中旬の日曜・祝日(雨天は中止)の9時30分から15時頃まで
協力費300円で抹茶サービスがあります。
詳細は
 猿庫の泉保存会 連絡先:羽場公民館 電話:0265-23-9749 へ



自然・文化・伝統TOPへ