材料はすべて県外産、組み立てたものを仕入れる。
傘の周囲を幅2センチほど貼る。
ホネの上に直接和紙を4分の1づつ貼り付けていく。
絹の場合は裏に薄い和紙を張る
3〜4センチろくろの際を貼ってゆく。
良く乾かしビリを中へ入れて形を整え締める。
かしゅうを3回程塗る。
内側に糸(黄色の)をかける。
持ち手のところには藤つるを巻き石附を付ける。
傘の先端に頭紙を付ける。





トップ 歴史 職人


長野県伝統的工芸品へ